« ようこそ「もなか日記」へ | トップページ | いよいよ来週 »

「もなか」がやってくる

私自身は、生まれてから何十年この方、ペットらしいペットを飼ったこともなく、犬については、子供のころ近所の犬に噛まれた(甘噛みされた)経験から、どちらかというと苦手でした。(動物を飼わなくても、自身が「くま」と言われています^_^;

ところが、最近、「ねこ奥様」から、『柴犬を飼いたい』という強い要望(強請?)があり、その熱意に負け、犬を飼うことに決めました。

じゃあ、どうしようということで、近所のペットショップも回ったりしては見たのですが、やはりどこから連れて来られたか分かりにくいペットショップからよりは、ブリーダーから譲ってもらいたいということになり、ネットで見つけたのが、九州にあるブリーダーです。

豆柴というのは、ご存知の方も多いと思いますが、まだ、品種として固定されていないということで、日本犬保存会やJKCでは品種として認められておりません。

しかし、初めて犬を買う我が家のこと、小さい豆柴のほうが扱いやすいのかなあという気持ちがありました。

でも、これから長く飼うことになるわんこです。ネットだけで決めるなどということはできません。それに、今までどんな環境で飼われているのか、ブリーダーでの飼育状況も気になります。ということで、6月上旬、九州まで旅行に行くついでに熊本にあるブリーダーを直接訪ねました。

Monaka02 そこで、一緒に行った「ねこ奥様」が一目で気に入ったのが、この子です。親犬にも会わせてもらいましたが、本当におとなしくて小さい両親(成犬ですが4Kgほどです)で、この子自体も非常におとなしく、隣で騒ぎまくっている元気な子犬がいるにもかかわらず、おとなしく座っていました。

早速譲ってもらうことにし、名前を「もなか」に決めました。ブリーダーさんのところで1回目の予防接種や最終の健康診断を済ませて、7月上旬に我が家に来ることになりました。

ここから、今までわんこと暮らしたことのなかった、我が家の「わんこ騒動」が始まりました。

|

« ようこそ「もなか日記」へ | トップページ | いよいよ来週 »

もなか&ちゃい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517202/46580651

この記事へのトラックバック一覧です: 「もなか」がやってくる:

« ようこそ「もなか日記」へ | トップページ | いよいよ来週 »