« 露口でのんびり | トップページ | 土佐赤岡絵金祭り-その2 »

土佐赤岡絵金祭り-その1

毎年この時期に開催される、土佐赤岡絵金祭り

22718ekin101 高知市から室戸の方に30分ほど走ったところにある赤岡町(現:香南市赤岡)。

こちらに、江戸時代末期に描かれた芝居絵の屏風が20枚以上残っています。

これらを描いたのは絵金(絵師金蔵)こと弘瀬金蔵。

22718ekin102現在では、絵金蔵と呼ばれる立派な施設に保管され、年に一度、絵金祭りの日に公開されます。

これだけの芝居絵が残るということは、素人芝居も盛んだったということです。

絵金蔵の前には弁天座という立派な芝居小屋が建ち、絵金祭りの日は芝居が奉納されます。

22718ekin103そんな祭が開催されることは知っていましたが、行ったことがなかったくま旦那、ねこ奥様と一緒にお出かけです。

さて、夕方着いてみると、古い町並みの中に立派な施設があるのに驚かされます。

また、芝居も素人芝居ながら本格的。ちなみに、このお芝居入場無料です。

日が暮れたら、いよいよ本番、絵金の屏風絵の登場です。

ブログ村のランキングに参加しています

ぽちっと押していただけるともなか共々励みになります

よろしくお願いします m(_ _)m 

にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ

くま旦那の食べある記でも、ランキングに参加しています。

こちらもよろしくお願いします m(_ _)m 

にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ

|

« 露口でのんびり | トップページ | 土佐赤岡絵金祭り-その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517202/48916612

この記事へのトラックバック一覧です: 土佐赤岡絵金祭り-その1:

« 露口でのんびり | トップページ | 土佐赤岡絵金祭り-その2 »