« くま旦那お江戸紀行(2)-蕎麦三昧の仲町通り | トップページ | 愛媛大衆酒場えびす »

くま旦那お江戸紀行(3)-江戸or東京

昨日ご紹介した2軒の蕎麦屋。
221113edo01 歩いて5分ほどのところのお店にもかかわらず、昼食、夕食と時間を開けたのは、その間にこちらを訪問していたから。
そう、東京でも4箇所しか残っていない定席の寄席「鈴本演芸場」。
昔から落語が好きなくま旦那、上京するとよく訪れる場所のひとつです。
昼席が終わって前座さんの打ち出し太鼓が響く寄席の前。
ビルの谷間という感じがしません。

221113edo02 ビルの谷間といえば、東京タワーのお膝元、芝の赤羽交差点の横に、伏見三寶稲荷神社が鎮座しています。
くま旦那が上京の折、良く利用する芝のホテルのすぐ近くですが、今回、そぞろ歩きするまで、こんな神社があるのに気が付きませんでした。
江戸が東京都と変わって100年以上経ちますが、基本的な通りや橋の場所は極端には変わっていません。

221113edo03 最近読み返している池波正太郎の鬼平犯科帳にも、この芝近辺の「金杉橋」や「赤羽橋」の名前が出てきます。
さて、ホテルから赤羽橋の反対方向、田町の方に歩いていると見つけたのがこの石碑。
どうやら、薩摩藩の蔵屋敷跡のよう。
今や埋め立てられて海岸線からは遠いですが、落語の「芝浜」もこの辺りを舞台にした噺のようです。

221113edo04 もちろん、古きものがすべて偲べるわけではありません。
各種の捕り物帳で必ず名前が出てくる「南町奉行所」があった数寄屋橋近辺は再開発が進みショッピングセンターが乱立しています。
こちらのITOCIA(イトシア)も昔は雑居ビルが多かった場所を再開発して建てられたもの。
しかし、このあたりの再開発ビルの走り、有楽町マリオンはテナントのデパートが撤退するとの話も。
古い江戸情緒を感じされる場所と、再開発を繰り返す場所が同居する町東京。
田舎者のくま旦那は、来るたびごとに驚かされるばかりです(^^;)。

ブログ村のランキングに参加しています

ぽちっと押していただけるともなか共々励みになります

よろしくお願いします m(_ _)m 

にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ

くま旦那の食べある記でも、ランキングに参加しています。

こちらもよろしくお願いします m(_ _)m 

にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ

|

« くま旦那お江戸紀行(2)-蕎麦三昧の仲町通り | トップページ | 愛媛大衆酒場えびす »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517202/50041835

この記事へのトラックバック一覧です: くま旦那お江戸紀行(3)-江戸or東京:

« くま旦那お江戸紀行(2)-蕎麦三昧の仲町通り | トップページ | 愛媛大衆酒場えびす »