« くま旦那お江戸紀行(1)-昭和歌謡で夜はふけて | トップページ | くま旦那お江戸紀行(3)-江戸or東京 »

くま旦那お江戸紀行(2)-蕎麦三昧の仲町通り

折角のお江戸滞在、こちらでしか堪能できない食べ物をいただきたいもの。
221112rengyoku01_2 で、やってきたのは、上野忍ばず池から程近くの「上野仲町通り」
このエリアは、紅灯絃歌の町として栄え下谷芸者の名でその侠名を馳せた界隈として名高い場所。
さて、くま旦那のお目当ては、この通りで名をはせる老舗の蕎麦店2店。
まず、お昼時に「蓮玉庵」を訪問です。実は、くま旦那は、こちらは初訪問。

221112rengyoku02_2 こちらのお店、安政年間に開業し、既に6代を数えるお店とのこと。
外観はいかにもの時代を感じさせるお店ですが、店内は今風にきれいに改装しています。
さて、早速肝心のお蕎麦を、蒸篭でいただくことにしましょう。
出汁をつけずに味わってみて、いやいや、やはり風味のしっかりしたお蕎麦です。
出汁は結構甘めにしつらえてあるので、好みが分かれるところでしょうか。

221112yabu01 この後しばらく時間を置いて、夕時にやってきたのは「池之端藪蕎麦」
言わずと知れた藪蕎麦御三家の一店。
こちらは何度か訪れたことのあるくま旦那、藪蕎麦御三家は、いずれもハイレベルの蕎麦を食べさせてくれますが、くま旦那的に、一番好みがこちらの「池之端」。
安心して訪問できるお店です。

221112yabu02 夕時なので、まずは天種をおつまみに一杯(^^;)。
いや、いつ食べてもしっとりした種がさくっとした衣をまとう美味しい天種です(^^)。
こちらは塩でいただきながらお酒(ビール)をちびちびいただきます(^^;)。
写真には写ってないですが、忘れてはならないのはこちらの蕎麦味噌。

221112yabu03 お酒類をいただくと、付いて来る蕎麦味噌ですが、これがお酒のあてとしては最高。
いつも、こちらでお土産に購って帰ることになります(^^;)。
さて、さて、肝心のお蕎麦はざるでいただきます。
こちらのお蕎麦も風味が豊かなことは当然ですが、しっかりした返しを使っていて、くま旦那的には程よい辛さ。
いつ来ても、安心してお蕎麦を堪能できるお店です。

「蓮玉庵」といい、「池之端藪蕎麦」といい、これらのお店がある下谷芸者の以来の歓楽街といい、「江戸」をたっぷり残す、上野仲町通りです。


ブログ村のランキングに参加しています

ぽちっと押していただけるともなか共々励みになります

よろしくお願いします m(_ _)m 

にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ

くま旦那の食べある記でも、ランキングに参加しています。

こちらもよろしくお願いします m(_ _)m 

にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ

|

« くま旦那お江戸紀行(1)-昭和歌謡で夜はふけて | トップページ | くま旦那お江戸紀行(3)-江戸or東京 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517202/50041620

この記事へのトラックバック一覧です: くま旦那お江戸紀行(2)-蕎麦三昧の仲町通り:

« くま旦那お江戸紀行(1)-昭和歌謡で夜はふけて | トップページ | くま旦那お江戸紀行(3)-江戸or東京 »