« 燦土ってなんて読むの? | トップページ | 今年初めてのドッグラン-ぱるCafe&Dogrun »

田舎家の箱蕎麦

くま家のある松山市内からしまなみ海道の街今治へは、山越えの県道が近道。
23925inakaya01 その県道沿い、奥道後温泉エリアに茅葺きの蕎麦屋さんがあります。
こちら田舎家、どちらかというと素朴な蕎麦を食べさせてくれること、また、普通の蕎麦だけでなく、韃靼蕎麦もメニューにあることから、くま家でも時々立ち寄るお店。
松山の大食いブロガーには、大体年1回、箱蕎麦(普通のお店でザルとか蒸篭とか呼ばれているもの)の食べ放題のイベントを行うことでも有名。
23925inakaya02 この日、テーブルの向こう側に座ったねこ奥様は箱蕎麦を。
手前に座ったくま旦那は、普通の蕎麦と韃靼蕎麦の盛り合わせを注文。
くま旦那のほうに2つ並んでいるものの右側、少し緑がかった方が韃靼蕎麦です。
食べ比べると、風味の差が良く感じられます。
こんなくま旦那お気に入りの蕎麦店「田舎家」ですが、実は隣接するホテル奥道後の直営店です。
そのホテル奥道後ですが、最近は海外、特に韓国からのお客さんを積極的に受け入れて頑張っていたのですが、施設の老朽化などもあいまって残念ながら、民事再生法の適用申請をするに至りました。
今後も、再建を目指して、頑張られるとのこと。
奥道後温泉のお湯はくま旦那も大好きな温泉ですので、是非頑張って再建していただきたいと思っています。

ブログ村のランキングに参加しています

ぽちっと押していただけると、もなか&ちゃい共々励みになります

よろしくお願いします m(_ _)m 

にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ

くま旦那の食べある記でも、ランキングに参加しています。

こちらもよろしくお願いします m(_ _)m 

にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ

|

« 燦土ってなんて読むの? | トップページ | 今年初めてのドッグラン-ぱるCafe&Dogrun »

食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517202/53852796

この記事へのトラックバック一覧です: 田舎家の箱蕎麦:

« 燦土ってなんて読むの? | トップページ | 今年初めてのドッグラン-ぱるCafe&Dogrun »