« 旅歩き‐中国(1) | トップページ | 旅歩き‐中国(3) »

旅歩き‐中国(2)

現在の西安は、西域の文化の影響を受けているため、料理の種類が豊富。

Seian201小麦粉、羊肉、スパイス、香り油(辣油、葱油、山椒油等)などが多く使われており、イスラム世界の影響を強く受けた牛羊泡もう(食ヘンに莫)などの料理も多くあります。

また、ここ西安は、まだ小麦文化圏。

麺料理や包子料理も多彩。

その中で一番の名物料理といえば、餃子料理の餃子宴。

Seian203この日やってきたのは、西安でも有名な餃子料理店「徳發長」。

西安市内にも本店をはじめ、何店かあるようですが、この日やってきたのは、比較的小さい支店。

しかし、VIPフロアもある、きれいなお店です。

まずは出された前菜を楽しみながら、メイン料理の餃子が出てくるのを待ちます。

Seian202待つことしばし、部屋の隅に蒸籠が積み上げられました。

これが全部餃子。

しかも水餃子は別にやってくるので、蒸餃子だけでこの種類(^^)。

専用のテーブルに乗せられているので、適度に蒸し続けられます。

Seian204さあさあ、いただくことにしましょう。

いや、いや、一つづつ、手が込んでいます。

写真の餃子は、鶏の形をしています。

もちろん形だけでなく、一口食べて、いや美味しい(^^)。

出てきたときは食べきれるかなと思いましたが、どれもおいしいので、全種類、美味しくいただけました。

西安でぜひ試してみたい名物料理、餃子宴です。

ブログ村のランキングに参加しています

ぽちっと押していただけると、もなか&ちゃい共々励みになります

よろしくお願いします m(_ _)m 

にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ

くま旦那の食べある記でも、ランキングに参加しています。

こちらもよろしくお願いします m(_ _)m 

にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ

|

« 旅歩き‐中国(1) | トップページ | 旅歩き‐中国(3) »

食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517202/55043729

この記事へのトラックバック一覧です: 旅歩き‐中国(2):

« 旅歩き‐中国(1) | トップページ | 旅歩き‐中国(3) »