« ドッグランでまったりと | トップページ | 旅歩き‐中国(2) »

旅歩き‐中国(1)

さて、3月から5月いっぱい更新をお休みしていたこのブログ。

その間、くま旦那は、外国からのお客さんの受け入れや、逆に海外でのプロモーションなど、文字通り東奔西走の日々。

ようやく落ち着きましたので、今回から何回かに分けて、海外でのプロモーションに訪れた町をご紹介。

もちろん、プライベートタイムの写真ですので、食べ物の写真が中心です(^_^;)。

Seian01最初にご紹介するのは、中国の古都西安。

古代より中国の政治の中心地で、周、秦、漢、唐の都城がおかれた都。

日本では、長安の名前のほうが有名でしょうか。

こちらで何はさておき訪問しなければいけないのは、兵馬俑の発掘場所にある秦俑博物館。

秦の始皇帝のために作られた副葬品ですが、何せ規模がでかい。

Seian02まだまだ発掘途中とのことで、後ろのほうでは発掘された壊れた兵馬俑を復元する作業を行っていました。

兵馬俑観光とセットで訪問することが多いのが、華清池。

唐の玄宗皇帝と楊貴妃のロマンスの場として知られており、白居易が長恨歌で「春寒賜浴華清池 温泉水滑洗凝脂」とうたっています。

今でも温泉が湧き出し、一般の人が入れる設備もあるようです。

Seian03_3華清池が有名になったもう一つの事件が西安事件。

国民党と共産党が内戦状態にあった中華民国時代、国民党の指導者蒋介石が西安に対共産党戦争の督戦に来たところを、国民党の東北軍総指揮官だった張学良に監禁され、共産党との内戦をやめ、対日戦争に集中するよう方針転換があった事件です。

当時、蒋介石は、華清池に滞在中のところを、張学良配下の部隊に襲われました。

華清池では、その銃弾の跡や、当時の部屋の様子が残っています。

現在の中国大陸で、青天白日旗が常に掲示されているのはここくらいではないのでしょうか?

歴史の重みを感じる街、西安です。

ブログ村のランキングに参加しています

ぽちっと押していただけると、もなか&ちゃい共々励みになります

よろしくお願いします m(_ _)m 

にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ

くま旦那の食べある記でも、ランキングに参加しています。

こちらもよろしくお願いします m(_ _)m 

にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ

|

« ドッグランでまったりと | トップページ | 旅歩き‐中国(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517202/55041781

この記事へのトラックバック一覧です: 旅歩き‐中国(1):

« ドッグランでまったりと | トップページ | 旅歩き‐中国(2) »